「スポーツがある人生の楽しさ」を






 エ ー ル イ ン タ ビ ュ ー : 上尾メディックス セッターコーチ / エール所属講師   原 桂子


 原さんが言うようなハートを持った人が増えていったら本当にいいですよね (内藤)

内藤 上尾の選手がナショナルチームへ選出されていますし、原さんは一段とやり甲斐を感じますよね。
 
うん。ただ正直なところ、どのチームであれセッターだったら頑張れよ、と思っちゃう。
大変だろうけど頑張れって。
それとセッターに限らず、選手達がゆくゆく「プレミアとかナショナルでやってただけあって、いい人間だね」って評価されるようになれば幸せ。
私がそこを担ってるわけじゃないけど(笑)。
 
内藤 いや担ってるでしょ(笑)。
 
そうなれたらいいよね、関わってる人間の一人として。
 
内藤 子供達に対しても、バレーを通じてプラスになることがたくさんあるんだよって伝えられるようでありたいですよね。
 


とどのつまり、ここ(ハート)なんだと思う。とどのつまり、ここ(ハート)なんだってことが後々かみ砕いて理解できる力を今のうちに養って貰えたらいい。どんなに高いところでプレイしても、それがそんなにスペシャルってわけじゃないって事がわかると思う。
 
内藤 私たちは色んなステージで選手を経験させて貰って、いま講師をやってるけど、それって希なパターンじゃないですか。
原さんが言うようなハートとかまなざしを持った人が増えていったら本当にいいですよね。
 
バレー選手を引退して一般企業に再就職した先輩が「バレーやってた経験を買ったわけじゃない、あんたは社会人としてはゼロだ」みたいなことを言われたんだって。それが残念。
そういう風に見られてると思ったらすごく切ない。
でもそういう環境でも耐えられる力自体、バレーで養ったとも言えるけど(笑)。
 
多種多様な方法があるから、セッターはセッターに教わらないと知識が増えない面がある。(原)

内藤 では最後に、今後の夢、目標を聞かせて下さい。
 
「夢や目標がないからダメなんだ」って、ダンナによく怒られるんですけど(笑)。目の前のことから片付けちゃって先を読んだ動きをしないから。
 
内藤 先を読んでるじゃないですか、色々な観点で。
 
夢は…。平たく言えば世界平和ですよ。
 
内藤 大きい(笑)。素晴らしい夢です。
 
目標は、メディックスの優勝。
 
内藤 そういう目標っていいですよね。「いま何位だ」とか、そういう意識ってもう持てないですから。
 
でもスタッフとして優勝を目指している方が、プレーヤーとしてよりはウンと楽だと思う。
やっぱり勝ち負けのストレスが選手とは違う。
 


 
内藤 原さんはプレーヤーとしては何度も優勝を経験されてるから、今度はコーチとして日本一ですね。
 
私自身、ずっとセッター経験者に指導されて技術やアイデアを教わってきたんですよ。
 
内藤 セッターコーチがいないチームってたくさんありますからね。
 
そう。だからそれは大きな財産。多種多様な方法があるから、セッターはセッターに教わらないと知識が増えない面がある。
 
内藤 セッター経験のない監督にとってはそういうコーチはきっとすごくありがたいんじゃないですか。選手ももちろん安心できるし。
 
監督って、大変だと思う。選手を選出するって役割があるから。
選手との壁がないと役割を果たせないって構造もあるから難しい。私は監督はできない。監督って仕事こそスペシャルな仕事だと思う。
 
内藤 そうですね確かに。
そんなスペシャルな監督業と選手の橋渡しも含めて、これからもぜひ頑張ってください。

今日は二人の思い出話から、コーチ業の心得や講師業の喜びについて。そしてセッターというポジションへのこだわりや今後の目標まで、原さんらしい歯切れの良さでお話頂きました。
上尾メディックスさんのこれからの一層の躍進を期待しています。
今日はどうもありがとうございました。
 




上尾メデッィクス ホームページ>>>