「スポーツがある人生の楽しさ」を






 講 演 レ ポ ー ト : 元全日本バレーボール女子日本代表 / 株式会社エール所属 本島 千代子

 1970~80年代のバレー界で、全日本・実業団と活躍した本島千代子さん。
 御縁があって、千葉県の中学校で人生初の講演会をすることになりました。
 日頃からとても謙虚で奥ゆかしい昭和の女性・本島さんが、21世紀生まれの小中学生を聴衆に
 どんな話をしてきたのか。集まって下さった皆さんの反応はどんな様子だったのか。
 本島千代子初講演の模様を少しだけご報告。
レポート:株式会社エール 村田 一実 

佐貫中学校のある佐貫町駅までは、JR内房線で、千葉駅から約1時間の町です。
駅を降り立つと大きく深呼吸、空気を一杯吸いたくなる町です。


講師の本島千代子さんはこの佐貫町に、東京町田市から定期的に、ママさんバレーの指導にボランティアとして通っています。
そんなご縁もあり、佐貫中学の小川校長先生より、講演講師の依頼をお願いされました。
人生初の講演に「何をお話しようか」と考えた本島さんは、夢についてのアンケートを生徒さん達にお願いし、それを元に「人生の夢」についてお話しする事にしました。


いざ会場へ!本番前、緊張がピークに達する本島さん。(練習通りに出来るかしら…!?)


地元の小6生から中学の全校生徒、そして先生・保護者さん達の総勢100名以上の皆さんがズラリ!



神妙な面持ちの生徒さん達。(講師の本島さんってどんな人だろう。どんなお話をするんだろう)


いよいよ講演スタート。本番まではドキドキでしたが、数々の大舞台を踏んできた本島さん、いざとなると度胸が据わっています。



講演序盤。映し出される数字。
「この数字が何か分かる人はいますか?そうです。アンケートに応えてくれたみんなの夢の数です。皆さん、将来の夢を教えてくれてありがとう」 そして生徒さん達の夢がスクリーンに映し出されました。



具体的に夢の実現へのお話が進む中、夢を叶えたアスリートの卒業文集が、配布されました。
夢実現のために目標設定を子供の頃からしていたアスリート達の文集を真剣に見つめる子供達。




講演終盤。会場の空気もすっかり暖まり、みんなの顔も朗らかに。
本島講師の「何か質問はありますか?」の呼び掛けに手を上げてくれた錦織君は、走り幅跳びの全国大会代表選手!若きアスリートからの質問に本島講師の答えも冴えわたります。


講演の最後を「人生八変化」というお話で締めくくった本島さん。
初の講演会を無事に終えた本島さんに、生徒さんが花束を贈呈して下さいました。
花束を頂けるだけでも十分なサプライズでしたが、生徒さんのお一人が、先ほど話したばかりの「人生八変化」をその場で暗唱してくれるという更なるサプライズが。
生徒さんの素直さ、熱心さに心をうたれ、これには本島さんも涙を止めることができませんでした。


会の終了後、この日のために準備して下さっていた横断幕の前で、小川校長先生と感謝の握手。
そして最後の最後には、なんと、全生徒さんによる今日の講演への感想文集を頂きました。
佐貫中学校の皆さんのとても篤い心遣いに、また涙する本島さんでした。

講演のご機会を下さった佐貫中学校小川校長先生、教職員の皆さま。また参加下さった児童、生徒、保護者の皆さま。誠にありがとうございました。